AEDマップへのAED設置箇所登録手順


AEDマップのメインメニューにある「AED登録申請」をクリックしてください。
既にユーザ登録されていれば、ここからログインできます。
未登録な方は、ここで「新規登録」をクリックします。
AED設置箇所を登録するには、ユーザ登録が必須事項となります。
ユーザ登録については、こちら を参考にして下さい。
ログインすると、自分がこれまでに登録したAEDの設置データの一覧が表示され ます。当然ですが、まだ未登録な場合は0件です。
新規に登録する場合は、ここで「新たなAEDを登録する」をクリックしてくださ い。
AED設置情報を入力してくださいという画面が表示されます。
ここで、設置年月日など基本的に設置場所の写真と備考欄以外は入力必須となり ます。
なお、登録したデータは、愛知県消防保安課の担当職員による承認処理を経て公 開されますので直ぐに公開はされません。
AED設置箇所の入力は、
画面の左側でAEDに関わる情報入力を行い、右側は地図の拡大縮小をしたり、AED 設置箇所の微調整を行います。
設置年月日は「年月日設定」ボタンで表示される画面で指定します。
利用可能は「一般県民が利用可能」以外は公開されない情報となります。
設置施設の住所は「住所」ボタンをクリックして表示される画面上で、目的の住所を選択入力すると同時に地図を指定した住所に自動的に移動させます。
そして、その住所で指定された位置がAEDの設置箇所に該当するのであれば、「ここを設置箇所に」ボタンをクリックすれば確定します。
なお、地図画面で微調整する場合は、地図をマウス左ボタンでドラッグして移動させて目的位置に地図画面の中心に表示されたセンタークロスアイコンを合わせ、左側画面の「変更確定」ボタンをクリックして下さい。
位置を確定すると、こんなダイアログが表示されます。
設置施設の連絡窓口は愛知県消防保安課から連絡する際に参照するだけで公開はされません。
設置施設の連絡先電話番号も上記と同様です。
設置場所概要は具体的に、XXビル1階正面玄関左 みたいに記述して下さい。 ・設置場所の写真は必須ではありませんが、これがあると判りやすいですし、この写真が入力されていれば、トップ画面にランダムに表示されます。
利用可能時間帯はAEDが実際に利用できる時間帯で携帯電話で検索する際に参照されます。
機器メーカ名及び機種名も実機を見て入力して下さい。
備考はこれまでの項目で表現できなかった事項を記述して下さい。
項目入力が完了したら、「登録する」ボタンをクリックしてください。
登録が完了すると、このダイアログが表示されます。
このOKボタンをクリックすると、このダイアログを閉じ、入力画面も閉じてログイン直後の一覧画面に戻ります。
登録したAEDの設置情報が一覧表に追加されます。
この段階では、未だAEDマップ上で公開はされませんので、詳細や地図を表示して内容に不備がある場合は、編集で修正するか削除して下さい。
また、この一覧表にあるデータを編集して「別データとして登録する」ボタンを押すことで、一部内容を修正したコピーを容易に作成する事ができます。