AEDマップの登録についてのチラシ AED設置施設を示すステッカー 愛知県
AEDとは?
AEDとは


AEDってなんですか。
  AED(自動体外式除細動器)は、突然の心停止の際に出現する心室細動(心臓が細かく震え、

  心臓本来のポンプ機能の役目を果たさない状態)に電気ショックを与え、震えを取り除く(除細動)

  ことにより、心臓の動きを正常な動きに戻すことを試みる医療機器です。

  従来は、医師などの医療従事者しか使用できませんでしたが、2004年7月から一般の人にも

  使用が認められました。

AEDがあれば助かりますか。
  AEDによる除細動が1分遅れるごとに社会復帰率は、7〜10%ずつ低下すると言われています。

  AEDはとても効果のある医療機器ですが、AEDだけでは限界があります。

  救命の連鎖の中で、正しくAEDを使用することにより、より多くの命を救うことができます。

救命の連鎖ってなんですか。
  突然の心停止をされた方を救命するには、

  ・ 早期119番通報(救急車を呼ぶ)

  ・ 早期心肺蘇生法(人工呼吸と胸骨圧迫により脳や臓器に酸素を送る)

  ・ 早期除細動(AEDを使用して心臓の震えをとりのぞく)

  ・ 早期二次救命処置(救急隊や病院でより高度な医療処置を行う)

  からなる救命の連鎖(チェーンオブサバイバル)が一つとして欠けることなく、

  しっかりとつながることが何よりも大切です。

人工呼吸に自信がないのですが・・・
  フェイスシールドなどの感染防止具がない場合や人工呼吸に自信がない場合は、

  直ちに胸骨圧迫を始めてください。

  AEDが到着するまで、また救急車が到着するまでの間、最も大切なのは絶え間ない胸骨圧迫です。

  乳首と乳首を結ぶ胸の真ん中を、強くそして早く(1分間に100回のペース)押してください。

いざという時に備え、何をしたらいいですか。
  AEDは、安全な医療機器で誰でも使用することができます。

  でも突然倒れた人の胸にAEDのパットを貼り、電気ショックのボタンを押すには、

  ちょっとした勇気が必要です。

  いざという時にあわてないよう、日頃から消防署の行う普通救命講習等を受講しましょう。

  また、あいちAEDマップを活用し、家や職場の近くのAEDの設置場所を把握しましょう。

 私の愛・地球博の思い出はたくさんあります。 その中でも一番の思い出は、父をAEDで助けてもらったことです。 父は六月
 一日に仕事の人と一緒に万博へ出かけましたが、心肺停止となり会場内にたくさんあるAEDで助けられました。その時初めて、
 AEDの存在、すばらしさ、多く医師や救急隊員の方々がボランティアとして救急体制を支えていてくれたことに気づきました。
 大勢の人が参加したボランティアのすばらしさ。 誰かのために行動することや接する気持ちは思いやりにつながります。
 これに気づかせてくれたのも万博でした。 万博のおかげで大切なことに気づくことができ、とてもよかったです。  私が夢見る
 愛知の未来。 それは、どこにでもAEDがあり、誰もが操作でき、一人でも多くの命を救うことができることです。そのためには
 地域や学校、さらには会社などでもAEDの操作を学ぶ会が大切だと思います。そうしたことにより、たがいに助けあう心が育ち、
 住みやすい愛知に変わると思います。 現在、環境の発信地となりつつある愛知ですが、これからは、医療の発信地ともなって、
 日本全国、世界へ命の輝きを伝えていくようになればと思います。 愛知へたくさんの人々が見学に来て、すばらしさを感じ、
 日本中・世界中に広めていくことができれば、私はとてもうれしく思います。 私は将来、華やかな世界の裏側で活動している
 ボランティアとして、その活動に参加していきたいと思います。 またその活動を見てあこがれ、誰かの役にたちたいと思い、
 ボランティアに参加していく人が増えれば私はうれしいです。 私がボランティアなどで活動していくことが、父を助けてもらった
 私の恩返しです。 愛・地球博が残した数々のすばらしいおくりものを、これから私達が活かしていければと思います。