AEDマップの登録についてのチラシ AED設置施設を示すステッカー 愛知県
はじめに
心肺蘇生法は、容態が急変した人の命を守り救うために必要な知識と手技のことです。
今まで、医療に関係のなかった方々には、馴染みにくいかもしれません。しかし、自分の大切な家族、友人、そして隣人が突然倒れたとき、その命を守り救うためには、これらの手順や技術が不可欠です。
自分の大切な家族、友人、そして隣人の命を守り救うために、そして見知らぬ県民同士がお互いに
「命を慈しみ合う」
安心で安全で温かな社会を作るために、心肺蘇生法を学んでください。
※十分に周囲の安全を確認してから、傷病者に近づきましょう。
ダウンロードはこちら
心肺蘇生の手順
1.反応の確認 写真「反応の確認」
↓
2.助けを呼ぶ 写真「助けを呼ぶ」
↓
3.呼吸の確認 写真「呼吸の確認」
↓
4.胸骨圧迫 写真「胸骨圧迫」
↓
5.人工呼吸 写真「人工呼吸」
↓
6.心肺蘇生 写真「心肺蘇生」
↓
7.AEDの到着と準備 写真「AEDの到着と準備」
↓
8.心電図の解析 写真「心電図の解析」
↓
9.電気ショック 写真「電気ショック」
↓
10.心肺蘇生の再開 写真「心肺素性の再開」
↓
11.AEDの手順と心肺素性の繰り返し 写真「AEDの手順と心肺素性の繰り返し」
▲ページの先頭へ
※十分に周囲の安全を確認してから、傷病者に近づきましょう。
1.反応の確認
「もしもし、どうされましたか?」等、呼びかけながら肩をたたいて反応をみる。
けいれんのような全身が突っ張るような動きは「反応なし」と判断。
▲ページの先頭へ
2.助けを呼ぶ
反応がない場合は、「誰かきてください!」など大きな声で助けを呼び、協力者が来たら反応がないことを告げ、協力を依頼する。
依頼する場合は相手を指名して  「あなた、119番通報をおねがいします。」                「あなた、AEDを持って来てください。」                  など、具体的に依頼する。
▲ページの先頭へ
3.呼吸の確認
胸と腹部の動き(呼吸をするたびに上がったり下がったりする)を見る。
死戦期呼吸(しゃくりあげるような途切れ途切れの呼吸)は呼吸なしと判断。
▲ページの先頭へ
4.胸骨圧迫
胸の左右の真ん中にある胸骨の下半分に手の平の付け根を当て、その手の上にもう一方の手を重ねて置く。この時、重ねた手の指を組む。
圧迫は手のひら全体で行うのではなく、手のひらの基部(手掌基部)だけに力が加わるようにする。垂直に体重が加わるように両肘をまっすぐに伸ばし、圧迫部位(自分の手のひら)の真上に肩がくるような姿勢をとる。
胸が 約5cm 沈み込むように強く、速く圧迫を繰り返す。しっかり圧迫した後、胸が元の高さに戻るように圧迫を解除すること。(小児では胸の厚さの約1/3沈みこむ程度に圧迫)                 圧迫のテンポは1分間に100回から120回行う。胸骨圧迫は可能な限り中断せず、絶え間なく行う。
▲ページの先頭へ
5.人工呼吸
※人工呼吸の訓練を受けており、それを行う技術と意思がある場合は胸骨圧迫30回の後人工呼吸を2回実施し、これを救急隊員が来るまで繰り返す。           片手で額を押さえながら、もう一方の手の指先をあごの先端に当てて持ち上げ、空気の通り道を確保。
傷病者の気道を確保したまま、口を大きく開き覆って密着させる。
約1秒間かけて胸が上がるのがわかる程度に息を吹き込み、息が自然に出るのを待ち、もう一度息を吹き込む。
※2回の吹き込みを行う間は胸骨圧迫が中断されるが、その中断は10秒以上にならないようにする。
口対口人工呼吸による感染の危険性はきわめて低いので、感染防護具なしに人工呼吸を行ってもかまわないが、手元に感染防護具がある場合は使用する。
※1.人工呼吸ができないか、手元に感染防護具がなく、口と口が直接接触することがためらわれる場合は、人工呼吸を省略して胸骨圧迫を続ける。
※2. 他に手伝ってくれる人がいる場合は、1〜2分を目安に役割を交代する。その場合、交代による中断時間をできるだけ短くする。
▲ページの先頭へ
6.心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸の継続)
胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を絶え間なく続ける。
▲ページの先頭へ
7.AEDの到着と準備
AEDが届いたら、傷病者の頭の近くに置く。
電源を入れる。
以降はAEDの音声ガイドに従って操作を行う。
※AEDは電源ボタンを押すタイプと、ふたを上げると自動的に電源が入るタイプがある。
傷病者の胸から衣服を取り除き、胸をはだけさせる。
電極パッドを袋から取り出し、電極パッドや袋に描かれているイラストに従い、2枚の電極パッドを肌に直接貼り付ける。
※チェックポイント
1.汗や水で濡れていないか
→拭き取る
2.貼り薬などはないか
→はがして薬を拭き取る
ペースメーカーが埋め込まれている場合は、胸にこぶのような出っ張りが見えるので、電極パッドは出っ張りを避けて貼り付ける。
▲ページの先頭へ
8.心電図の解析
コネクタを接続する。
電極パッドが貼られると、心電図の解析が自動的に始まるので、傷病者から離れるように指示する。
▲ページの先頭へ
9.電気ショック
周囲の人に傷病者の体に触れないよう声をかけ、誰も触れていないことを確認したらショックボタンを押す。
▲ページの先頭へ
10.心肺蘇生の再開
電気ショックのあとは、ただちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開する。
▲ページの先頭へ
11.AEDの手順と心肺蘇生の繰り返し
AEDは2分おきに自動的に心電図解析を始めるので、傷病者から手を離し、周囲の人にも離れるよう声をかけ、離れていることを確認する。
救急隊員に引き継ぐまで、心電図の解析、電気ショック、心肺蘇生を繰り返し行う。
※傷病者が呼吸をしはじめる、あるいは目的のある仕草が認められて心肺蘇生をいったん終了できても、AEDの電極パッドは傷病者の胸から剥がさず、電源も入れたままにしておく。
救急隊へ以下の情報を伝達する。
1.倒れていた状況
2.実施した応急手当
3.電気ショックを行った時刻・回数
4.胸骨圧迫を開始した時間
▲ページの先頭へ